和田由美の日々雑記

エッセイストとしても活躍する亜璃西社代表のブログ。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

遅ればせながら、でもイイさ。

0

     自称・映画ファンではあるけれど、2月に発表されるキネマ旬報ベストテンに入る作品を、すべて観ているわけではない。必然的に遅ればせながらレンタルで観る訳だけれど、それでも観るだけ良いと思う。とりわけ昨年の邦画は、アニメ以外にも優れた作品が多く、まさしく豊作だったと思うからだ。

     ようやく観れた「湯を沸かすほどの熱い愛」は、ますます女優として成長した宮沢りえが素晴らしく、その彼女に拮抗できるほど凄いのが杉咲花で、この人は天才だと思わせる。これが商業映画デビュー作という中野亮量太監督は、初々しさももあるが、多少のことでは動じない骨太なところもあってなかなか。人間味に溢れた、極上の作品に仕上げていて、すれっからしの私を感動させてくれた次回作が楽しみ。

     そのほか、西川美和監督が本木雅弘の良さも悪さもすべて引き出した「永い言い訳」、妻夫木と綾野剛の演技が光る「怒り」、大好きなマツケンの「聖の青春」などキラ星のごとく秀作が並ぶ。が、遅ればせながら観た作品の中で、一番強烈で心に焼きついたのが「ヒメアノ〜ル」だ。ビル清掃会社にパートタイマーで務める青年の恋愛バナシと、欲望のままに殺人を重ねるサイコキラーの心の闇が同時に描かれるのだけれど、怖いなんてものじやない。この不気味な怖さは、相当に後を引く。もちろん、殺人鬼に扮した森田剛の名演もあるが、スリリングな監督の演出も見事。監督はなんと、あの十勝を舞台にほのぼのとした物語を紡いだ「銀の匙」の吉田恵輔監督。「クリービー 偽りの隣人」を撮った黒澤清監督に負けていないくらいだから、大したものだ。

     そのほか本は、林真理子著『我らがパラダイス』に圧倒され、『死刑囚 永山則夫の花嫁 「奇跡」を生んだ461通の往復書簡』(柏艪舎)に涙した。 グルメは、「ミンガスコーヒー」のフレンチ強めを味わい、「サヴォイ」のスープカレーで満腹感などなど。

    新しい情報は連載で!

     

     

     

    - | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    旅に出た!

    0

       先だって、JR北海道とJR東日本の列車が5日間・乗り放題という「大人の休日パス」26,000円で、女ともだちと鉄路の旅をしてきた。本当は5日間だが、そんなに旅する時間も余裕もないので、3泊4日でスケジュールを組み立てた。札幌駅を早朝6時に特急スーパー北斗で発ち、新函館北斗で北海道・東北新幹線はやぶさに乗り換えて盛岡へ。盛岡から秋田新幹線に乗り換えて秋田へ。秋田から羽越本線いなほで酒田へ。18:32到着。酒田駅前のビジネスホテルに泊まり、夜は太田和彦さん推薦の居酒屋「久村の酒場」へ繰り出す。酒田の地酒(初孫・純米吟醸雪女神ほか)を目一杯飲んで、口細ガレイの唐揚げや名物ギョウザなどを食べた。イイなあ、この酒場。酒屋さんが営んでいるそうで、地元の人に愛されていて、9時半には閉店。注文は紙に書き、なんとも昭和の匂いが漂う店なのだ。こんな調子で新幹線に乗って昭和の酒場を巡り、無事に札幌へ。

       たった4日間しか離れていなかったのに、戻るとなぜかさっぽろ味噌ラーメンとひのでの立ち食いそばが食べたくなったものだ。やっぱり、この二つは私にとってのソウルフードなのだろうか。

      - | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      メロンパンの底力

      0

         シナリオのない「籠池劇場」に遭遇後、テレビメディアのコメンティーターの良し悪しが、かなりわかるようになった。民の味方ではなく、体制の腰ぎんちゃくみたいな人が多かったのだね。右手首負傷後、テレビを観る時間が増えたので、今回の事件はさまざまなな意味で参考になる。

         ところで、とある民放の番組で外国人の若い女性が、日本に着いたら「コンビニのメロンパンを食べたい」と言っていた。実際に来日するとローソンでメロンパンを買い、それをレンジでチンをして美味しそうに食べていた。隠れメロンパンファンの私はそれを見て、矢も盾もたまらず近くの店でメロンパンを買い、チンをして食べてみた。すると、外側がふんわり柔らかく、噛むと弾力があり、抑えた甘みと相まって、まるで別な食べ物のよう。ガサッとした歯ごたえのある正統派のメロンパンとは異なるが、これはこれで旨い!

        しばらく、凝ってしまいそう。

         右手首を骨折してほぼ2カ月近くになるが、経過は良好。かなり普通に使えるようになり、とても嬉しい。どこかに欠陥ができる度に、五体満足の有り難さがわかる。北国の春もそこまで来ているので、これからの楽しみは多い。悪いことが続いた後には良いことが来るはずだ、と信じたい。

         

        - | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

        メロンパンの底力

        0

           シナリオのない「籠池劇場」に遭遇後、テレビメディアのコメンティーターの良し悪しが、かなりわかるようになった。民の味方ではなく、体制の腰ぎんちゃくみたいな人が多かったのだね。右手首負傷後、テレビを観る時間が増えたので、今回の事件はさまざまなな意味で参考になる。

           ところで、とある民放の番組で外国人の若い女性が、日本に着いたら「コンビニのメロンパンを食べたい」と言っていた。実際に来日するとローソンでメロンパンを買い、それをレンジでチンをして美味しそうに食べていた。隠れメロンパンファンの私はそれを見て、矢も盾もたまらず近くの店でメロンパンを買い、チンをして食べてみた。すると、外側がふんわり柔らかく、噛むと弾力があり、抑えた甘みと相まって、まるで別な食べ物のよう。ガサッとした歯ごたえのある正統派のメロンパンとは異なるが、これはこれで旨い!

          しばらく、凝ってしまいそう。

           右手首を骨折してほぼ2カ月近くになるが、経過は良好。かなり普通に使えるようになり、とても嬉しい。どこかに欠陥ができる度に、五体満足の有り難さがわかる。北国の春もそこまで来ているので、これからの楽しみは多い。悪いことが続いた後には良いことが来るはずだ、と信じたい。

           

          - | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

          アツコ愛、語る。

          0

             オーバーだと言われたが、右手首のギブスがとれたら、まるで黄泉の国から戻ってきた気分。うれしくてうれしくて、ガンガン映画を観ている。といっても、レンタルだけれど…。遅ればせながらようやく観ることができた沖田修一監督「モヒカン故郷へ帰る」、イイねぇ。繊細な演技をする松田龍平も良いけれど、やっぱり少しおバカなお嫁さんを演じる前田敦子が素晴らしい。ベテラン演技派のもたいまさこ相手に、自然派ですんなり演じきれるのだから大したもの。凄い女優だね。

             そういえば、キネマ旬報のインタビューで「ラ・ラ・ランド」の感想を語っていたけれど、それも抜群。「若いけれど揺るぎない犲分瓩鮖った強い監督だと思います。好きなものにひたすらまっすぐで、憧れの作品を完コピするぐらいの勢いがあって、それなのに物語自体はちゃんとっ現代的なものになっていて、甘い映像とのミックス加減がちょうど良かった」。そしてトドメ、「ミュージカル表現の牘年感瓩絶妙なオブラートになってていいんですよ!」。こんなコメントできる若手女優なんて、滅多にいない。ますます私の「アツコ愛」は深まるばかり。もちろん「オキタ愛」もね。泣かせの映画じゃなく、爽やかな家族の物語に仕上げた沖田監督に心から拍手喝采してしまった。

             

            - | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            RECENT COMMENTS
            ARCHIVES
            MOBILE
            qrcode
            PROFILE