和田由美の日々雑記

エッセイストとしても活躍する亜璃西社代表のブログ。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 寝正月の収穫 | main | イイなあ、夢追い人 >>

転び過ぎて 日も暮れて

0

     このブログを長らく書いていない時は、会社が倒れそうなほど大変か、私の身体に何かあった時のどちらかである。今回は後者で、昨年暮れに転んで恥骨にひびが入りようやく完治したと思ったら、1月下旬にまたもや横断歩道のアイスバーンで転倒。今度は右手首を骨折した。書き手としては「右手が命」といつも思っているから、咄嗟に庇うつもりで手を出し、敢え無く折れてしまった。

     しばし呆然とは、このこと。救急指定された病院の若い整形外科医に、「こんな酷い折れ方、見たことがない」と言われたほど重症で、もちろん複雑骨折だが、折れた骨が皮膚の外に突き出た開放骨折でもあるという。嗚呼!

     でも、仕方がないよね。1週間ほど抗生物質の点滴で様子を見て、その後に入院して、全身麻酔で手術。2時間半もかかったらしい。1週間で退院はできたけれど、腕にはギブスをはめたままで、右手は使えなかった。左手だけだと、瓶やペットボトルの口を開けられないし、ハサミも使えない。一番困ったのは、取材でメモができないこと。幾つもの連載を抱えているので、文字通り頭を抱えてしまった。しかし、人間、なせば成る。朝はオフィスのスタッフに車で迎えに来てもらい、取材先にも同行してもらい、私の代わりにメモしてもらっている。パソコンは、マウスを左に置き、左手で打つ。最初は右脳と左脳の違いで混乱したが今は何とか打てる。

     とまあ、こういう訳で、締め切り原稿を仕上げることで精一杯、心にたまったことを書き綴りたくても、パソコンが思うようにならなかった。ようやく、余裕ができたのデス。会合や飲み会、予約した芝居など、いろいろキャンセルして申し訳ないが、怪我なので仕方がなかったのだ。これを機に、あくせくしない生活を目指したいと思っている。神妙でしょ?

    - | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    骨折り御見舞い申しあげます。
    人生に躓くよりはマシでしょうか?
    まだまだ、ツルツルの北の道。
    足元にご注意ください。
    ファン8 | 2017/02/25 7:17 PM
    コメント、ありがとう! 日に日によくなっています。春の訪れが、例年以上に嬉しい私です。
    wada yumi | 2017/03/06 11:23 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    この記事に対するトラックバック
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    PROFILE