和田由美の日々雑記

エッセイストとしても活躍する亜璃西社代表のブログ。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< イイなあ、夢追い人 | main | メロンパンの底力 >>

アツコ愛、語る。

0

     オーバーだと言われたが、右手首のギブスがとれたら、まるで黄泉の国から戻ってきた気分。うれしくてうれしくて、ガンガン映画を観ている。といっても、レンタルだけれど…。遅ればせながらようやく観ることができた沖田修一監督「モヒカン故郷へ帰る」、イイねぇ。繊細な演技をする松田龍平も良いけれど、やっぱり少しおバカなお嫁さんを演じる前田敦子が素晴らしい。ベテラン演技派のもたいまさこ相手に、自然派ですんなり演じきれるのだから大したもの。凄い女優だね。

     そういえば、キネマ旬報のインタビューで「ラ・ラ・ランド」の感想を語っていたけれど、それも抜群。「若いけれど揺るぎない犲分瓩鮖った強い監督だと思います。好きなものにひたすらまっすぐで、憧れの作品を完コピするぐらいの勢いがあって、それなのに物語自体はちゃんとっ現代的なものになっていて、甘い映像とのミックス加減がちょうど良かった」。そしてトドメ、「ミュージカル表現の牘年感瓩絶妙なオブラートになってていいんですよ!」。こんなコメントできる若手女優なんて、滅多にいない。ますます私の「アツコ愛」は深まるばかり。もちろん「オキタ愛」もね。泣かせの映画じゃなく、爽やかな家族の物語に仕上げた沖田監督に心から拍手喝采してしまった。

     

    - | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    この記事に対するトラックバック
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    PROFILE