メロンパンの底力

  • 2017.03.29 Wednesday
  • 11:36

 シナリオのない「籠池劇場」に遭遇後、テレビメディアのコメンティーターの良し悪しが、かなりわかるようになった。民の味方ではなく、体制の腰ぎんちゃくみたいな人が多かったのだね。右手首負傷後、テレビを観る時間が増えたので、今回の事件はさまざまなな意味で参考になる。

 ところで、とある民放の番組で外国人の若い女性が、日本に着いたら「コンビニのメロンパンを食べたい」と言っていた。実際に来日するとローソンでメロンパンを買い、それをレンジでチンをして美味しそうに食べていた。隠れメロンパンファンの私はそれを見て、矢も盾もたまらず近くの店でメロンパンを買い、チンをして食べてみた。すると、外側がふんわり柔らかく、噛むと弾力があり、抑えた甘みと相まって、まるで別な食べ物のよう。ガサッとした歯ごたえのある正統派のメロンパンとは異なるが、これはこれで旨い!

しばらく、凝ってしまいそう。

 右手首を骨折してほぼ2カ月近くになるが、経過は良好。かなり普通に使えるようになり、とても嬉しい。どこかに欠陥ができる度に、五体満足の有り難さがわかる。北国の春もそこまで来ているので、これからの楽しみは多い。悪いことが続いた後には良いことが来るはずだ、と信じたい。

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM