山菜がウマイ!

  • 2017.05.23 Tuesday
  • 11:22

 その昔、友人と山菜採りへ出かけ、収穫したフキやワラビをどっさり母親に持ち帰った。すると母親は、茹でたフキの皮を剥きながら、「お前はイイよねェ採るだけだから。山菜は後始末の手間が大変なのよ」と愚痴ったものだ。しかし、母が亡き後、誰も作ってくれないので、自分でするようになった。昨夜も、昼間に狸小路の八百屋で見つけたフキを茹で、ついでに買ったワラビとさつま揚げで煮てみた。そのフキの柔らかく旨いこと、この上ない。美味しいなあ山菜。そしてもう一品、ウドの酢味噌和えに挑戦してみたが、こちらは失敗。どうしても、酢味噌の味がうまくいかない。まあ、再度、チャレンジしてみよう。

 

 ところで、芸人たちが煩くかしましい番組の多い中、ひっそりと放送されるNHKドラマ「ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語」」がとてもイイ。原作は『食堂かたつむり』を書いた小川糸で、主演は大好きな映画『ピ−スオブケイク』で日本映画批評家大賞の主演女優賞を受賞した多部未華子。この女優さん、清潔感溢れてしかもリリカルだから、古都・鎌倉にぴったり。二階堂ふみや満島ひかりと違って重たさが無い分、気楽にドラマを観られる。疲労困憊でドラマを観るのが辛い時でも、気楽に楽しめる。また、ドラマに登場する便箋の紙、ガラスペンや筆などの筆記用具はもとより、木造家屋のセットや椿の花など、ディティールがとても良い。物語は淡々と展開され、すべてに押しつけがましさのない所が好ましい。

 

 一方、恥ずかしくてもてられないと思いつつ、つい観てしまうのが、朝の連ドラ「ひよっこ」。映画「ビリギャル』が良かったので、注目している女優だけれど、まさか「ひょっこ」の田舎くさい姉ちゃんが、この人だったとは…。恥ずかしくて母親のような心境になってしまうほど心配だが、妙に面白い。と同時このドラマ、私と同時代が舞台なので、背中がかゆくなってきて仕方が無い。何かといえば歌を歌う、歌声喫茶の時代、私も知っているのよ。知られたくない過去を暴き出されるようなドラマで、今朝も見ないふりして見てしまった。

 

コメント
昨日、サッポロの母から届いた魚介便。
隙間に「蕗の煮たの」が入っていました。
美味しいたら、ありゃしない。
地味な存在で、身近過ぎて
剥く人も食べる人も減り、
その価値を知らない道産子が多いけれど
北国の蕗は、最高の味です。
  • ファン癸
  • 2017/05/23 5:44 PM
ホントに美味しいですね、今時期のフキ!
  • wada yumi
  • 2017/05/23 6:03 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM