2泊3日で

  • 2017.06.22 Thursday
  • 17:55

 今年1月に骨折した右手首は、救急病院の若いドクターが「こんなに酷いケガ、見たことが無い!」といったほど重症だった。トウコツもシャッコツも折れ、折れた日ねが外に突き出た開放骨折だというのだ。だから、手術ではがっちり金属を入れてくれた。経過は良好で、すくすくと骨は育ったが、今度は同じところを切って金属を取り出さなければいけない。その昔、左腕を骨折した時は、「同じ場所を切るのは嫌だ。墓場まで持っていく」と逃げたものだ。が、今回は余りに凄い金属を入れているので逃げる訳に行かず、先だって2泊3日の入院で抜いたという訳だ。

 まあ、金属を抜くだけだから大したことないと高をくくっていたが、全身麻酔で手術しただけのことはあって、意外に大変だった。麻酔が切れた途端、すごい痛みに襲われ、あわてて痛み止めを頼み、一晩中、術後の傷を冷やしたものだ。とりあえず、無事に退院して、今は平常に近づいている。本当に骨が折れることばかりだ。

 しかし、入院中は何もすることが無いので、読書が進む。『みをつくし料理帖』の高田郁が書いた新シリーズ『あきない世傳 金と銀』の1〜3巻まで読んだが、やっぱり面白い。4巻目の発売が待ち遠しい限りだ。もう一冊、ノンストップで読んでしまったのは鹿島茂著『昭和怪優伝ー帰ってきた昭和脇役名画館』(中公文庫)。私の大好きな荒木一郎から始まって,岸田森、成田三樹夫など、昭和の怪優12人が語り尽くされている。フランス文学者の鹿島さんが、これほどB級映画や日活ロマンポルノが好きだったなんて驚き。シネマディクトでなければ語れない俳優の魅力の数々。映画ファンなら堪えられない一冊だ。

 ところで、最近のテレビで面白いのはもちろん、「やすらぎの郷」だけれど、NHKの朝ドラ「ひよっこ」もなかなか。何たって、ヒロインの下宿のオバサンがユニーク。なんて色っぽい、NHK的じゃない女優だろうと思ったら、早稲田小劇場出身であの「百物語」を独演する白石加代子だったのだ。この人を見るためにだけでも、この番組を見る価値がある。もちろん、有村架純も好きな女優だけれど……。

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM