和田由美の日々雑記

エッセイストとしても活躍する亜璃西社代表のブログ。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 飲み鉄放浪記 | main | 今、テレビも面白い! >>

若さ弾ける夏の夕べ!

0

     今年のPMFは、28回目を迎えるという。O歳児が28歳になるということだから、大したものだよね。それにしても、土曜の午後にキタラで行われたPMFのコンサートで日本デビューという、16歳のダニエル君(ダニエル・ロザコヴィッチ)のヴァィオリンの素晴らしいこと。芸術監督のゲルギエフさんがソリストに抜擢したそうだが、トンデモナイ天才少年だ。最初のひと吹きで眠気も吹き飛び、楽器がまるで生き物のようにある時は泣き叫び、またある時はバラードのように静かに奏される。こんなに凄いの演奏は久しぶり

    すっかりファンになってしまった。

     一合一会の素晴らしい演奏会の後、キタラから中島公園駅まで歩く。途中にとても大きな藤棚がるのだけれど、中学生だった私とクラスメートにとってこの辺りは遊び場で、あれほど小さかった藤棚が大きく育ったことに改めて感動した。と同時に、コンサートの興奮がまだ冷めやらぬ時に、これほど素敵な帰り道を風に吹かれて歩けるなんて、何だか嬉しくなってしまった。札幌は良い街になったとつくづく思う。その後、お気に入りの焼鳥屋「鳥まる」で、ママ手づくりの梅酒ロックを飲みながら、せせりや砂肝など木村さんの焼き鳥を堪能した。また、この店で久しぶりに両端が切ってある枝豆に遭遇できて、これまた嬉しかった。短い夏のひとときを、今年もPMFの音楽と鳥まるの焼鳥で過ごせて良かったなあと感謝する今日この頃なのだ。

     

     遅ればせながら、恩田陸の『蜜蜂と遠雷』を読む。とても面白く、一気呵成に読めたが、やっぱり私は画家を描く原田マハの方が、好み。『暗幕のゲルニカ』「サロメ』など、名著『楽園のキャンバス』には敵わないけれど、それぞれに楽しめる。楽しめると言えば、朝ドラの「ひよっこ」は快調。シシドカフカも白石加代子もワンシーン登場するだけで、画面が引き締まり、楽しませてくれる。もちろん、有森架純ちゃんの少しいびつな顔(ゴメン)が愛らしく見えて仕方がない。もうひとつ、夢中になった英国ドラマ「ダウントンアビー」は、大団円で最終回を迎えた。良かった、良かった。この世知辛い時代、ドラマの中だけでもハッピーエンドを見せて欲しいと願う。その通りになって大満足、そして最後まで英国女の底力を見せたヴァイオレット叔母様に敬意を表したい。この人のセリフを考えた脚本家にも!

      

    - | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    P…が何なのか分からない。
    後で、ググってみます^^;)

    「ひよっこ」は、近年稀な
    珍しい朝ドラのヒロインだと感じます。
    特にコレといった大志がない子ですよね。
    それが、かえって新鮮で安心感なのかも。
    ファン癸 | 2017/08/01 7:16 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    この記事に対するトラックバック
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    PROFILE