和田由美の日々雑記

エッセイストとしても活躍する亜璃西社代表のブログ。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 若さ弾ける夏の夕べ! | main | SMじゃないヨ! >>

今、テレビも面白い!

0

     瑛太主演のドラマ「ハロー張りネズミ」が、めちゃくちゃ面白い。かつての探偵ドラマ「傷だらけの天使」を思わせるのだ。主役の瑛太もかっこよいけれど、アルカイックスマイルが魅力的な深キョン、2枚目半の森田剛、大姉御の山口智子など、メンバーも秀逸。

    なんでこんなに面白いのかと思ってクレジットを見ると、何と監督は大根仁ではないか!、私がこの監督の作品にで初めて観たのは「モテキ」だった。余りの斬新さと面白さにのけぞり、以来、森山未来はお気に入りの俳優の一人である。

     その次が「バクマン」で、これまた漫画界の内情が良くわかり、活字の世界にも似ていて、びっくりさせられたものだ。この監督の新作が15日公開の「奥田民生になりたいボーイ出会う男すべて狂わせるガール」であるとか。ボーミーツガールものというか、直球のラブコメディーらしいが、この監督なら転んでもタダでは起きないだろう。楽しみダ。

     そのほか、主演の武井咲がいきなり結婚してしまった「黒革の手帖」、ブラックユーモアとニヒリズムが入り混じった筋金入りの毒入りドラマ「やすらぎの郷」など、面白いドラマが放送されていてテレビから眼が離せない。なかでも嵌っているのが、「ひよっこ」。市加代子とシシド・カフカがますます存在感を増し、8月で終了が惜しいほどのドラマだ。思えば、最終回を迎えてしまった「ダウントンアビー」の面白さも、ひとえにヴァイオレット叔母様の毒舌があればこそ。おためごかしの偽善者が氾濫している時代に、ビシッと批評できる人の発言は希少だ。

     ところで、お気に入りの有村架純が出演する映画「関ヶ原」をこっそり観たが、彼女だけはやっぱり可愛かった。それと役所公司演じる家康の凄いこと。あと合戦シーンも良いが、それ以外は……。

     

    - | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    この記事に対するトラックバック
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    PROFILE