和田由美の日々雑記

エッセイストとしても活躍する亜璃西社代表のブログ。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< またひとつトシを。 | main | 警察から >>

小者の証明か?

0

     年が明けて半月を経たが、まだ心が落ち着かない。少し浮ついた感じとでも言うのだろうか。スーパーマーケットに買い物へ行ってみると、青物野菜の値段の高さにビックリ。レタスが350円で、ニラまで250円を超えていて、買えない私だった。

     久しぶりに東方面に街歩きをしてJR札幌駅まで戻ったついでに、五番館の跡地に「コバルドオリ」という名の飲食店を集めた交流空間が誕生したというので、立ち寄ってみた。かつてガス燈があったあのおしゃれな通りに小さな路面店が並んでいるのかと期待したけれど、コンテナのような建物が幾つかある程度で、きちんと一列になっている訳でもない。昼間だったので営業していない店が多いにしても風情がなく、何だか肩透かしをされた感じ。

     そこで、わが愛する雪印パーラーが、近くに移転オープンしているというので行ってみた。するとショーウィンドーにあの巨大なウエディングケーキのようなアイスクリームケーキがあることはあるのだけれど、以前より迫力はなく、パフェ類はいずれも前より高め。もちろん、昔から愛するチョコレートパフェを食べてみたが、細長いスプーンで一番底を掬うとどろりとしたチョコレートが登場するはずだったが、全くなかった。幼い頃から愛したチョコレートパフェの秘かな楽しみが奪われたようで、とても寂しかったなあ。正月早々、こんなどうでも良いことにこだわる自分が情けないけれど、これが敬愛する某作家が書かれていた、「小者の証明」ということになるのだろう。

    - | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    この記事に対するトラックバック
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    PROFILE