やっぱり、コバエホイホイ

  • 2018.07.05 Thursday
  • 14:34

 先だって、大型スーパーマーケットでコバエホイホイを買おうと思ったが、値段が500円近くするので躊躇した。ふとその横を見ると、半値ぐらいで、似たような製品が売っている。まだ、それほど虫が増えていないから。これでも良いかと思い切って買い、二重窓ガラスのスキマに置いてみた。するとすぐに蓋が取れて、見えなくなってしまった。何ということか! むき出しで置いておけば、早晩、効力はなくなるはず。その時に思い出したのが、母親の「安物買いの銭失い」という言葉だ。父親の説教は後から効いて来るというけれど、母親のだって後から効いて来るではないか。嗚呼!

 ようやくレンタルのブルーレイで、昨年話題になっていたのに見逃していた映画「勝手にふるえてろ」を観ることが出来た。変なタイトルだと思ったけれど、芥川賞作家・綿矢リサの同名小説の映画化という。松岡茉優が演じるヒロインのヨシカは、恋愛経験のないOL。鋭い言葉は先行するけれど、実際の行動が伴わないタイプ。こういう女性、私の短いOL時代にも居たな(どうでもよいことだけれど、この映画を観ていて、大会社のオフィスの休憩室は、今でも畳なんだと感心させられた)。ともあれ、キュートな恋愛映画で、ラストの重要なラブシーンが、独り暮らしの小さなアパートの長方形の狭い靴脱ぎスペースだったというのが秀逸。凡庸な監督は、おおむねこういうシーンに余計な説明シーンを幾つか足すものだけれど、この監督(大九明子)は、スパッと終わった。いいねえ。近頃の女性監督は、下手な男性監督よりずっと潔い。それは松岡茉優にも言えて、良い女優だなあ。

 

※このブログの数少ないファンの一人から、文字が小さくて辛いというコメントが届いたので、大きくしてみました。良かったかな?

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM