縄文人を見習って。

  • 2018.09.07 Friday
  • 16:27

 昨日の丑三つ時(午前3時過ぎ)、ゴォーッという音と共に横揺れがきて次に縦揺れ。すぐにベッドを飛び出して居間に駆け込んだが、寝ぼけているものだからテーブルの下やトイレに駆け込むという行動も起こせず、ひたすら収まるのを待つばかり。とにかく大きな地震だと思い、テレビをつけるとやっぱり地震速報だった。が、詳細を把握する前に、停電でストップ。後で知ったが、北海道で初めての震度7で、札幌の中央区は震度4、もしくは震度5、そして清田区は震度6強だったという。私の知る限り、札幌で震度4を超えたのは初めて。事態の凄さに唖然としたが、まずは真っ暗闇の中、お墓参りで余ったローソクを探す。防災用の懐中電灯は棚の上に置いていたのだけれど、大揺れでどこかへ飛んで行ってしまったのだ。どの引出しかわからず往生しつつも、やっと探し出した1本にマッチを擦って灯し、今度は懐中電灯と携帯探し。

 

 両方とも見つけたのだけれど、懐中電灯は電池が切れたら終りだし、携帯は外部と交信する最後の手段なので、バッテリー切れを気にしければならない。マンションの10階に住んでいると、電気が止まるとエレベーターも止まるから大変なのだ。そうこうするうち、暗闇の中ですることがないことの不安に気づく。情報が入らないというのはとても情緒不安定になるもので、今度は生前、父が愛していた骨董のようなトランジスタラジオの電池を入れ替えてみた。するとまるで奇跡のように電波を発して、ニュースを流してくれるではないか。これでようやく事態の大筋がわかり、無事だったことに安堵できたものだ。

 

 ところで、朝は冷凍ごはんで済ませたが、昼になって今度は電気釜が使えないことに気づき、愕然とする。が、めげることなく、ずーっと無用の長物だったご飯炊き専門の土鍋を思い出し、戸棚の隅っこから取り出す。3合炊きだが、余ったら冷凍にすべく、いつもより多い3合を炊いてみる。「初め強火でナカパッパ、赤子泣いても蓋取るな」などという先人の教えを思い出しながら、最後はしっかり蒸すと、ふっくら仕上がった。そこで、パチッと点いたのが電気である。ローソク、トランジスタラジオ、土鍋と、まるで縄文人のように電気の要らないものを使っていると、もしかして電気を使わずとも暮らせることが出来るかもしれないという気分になれたことが嘘のようだが、都会人の脆さを身を持って経験したと同時に、電気に頼り過ぎる自分を見直す良い機会のようにも思えた。今はケガもせず無事だったことに感謝しつつ、大きな余震が起きないことを祈るばかりだ。

 

 

コメント
ご無事で何よりです。
1日もはやい「日常」を願っています。

実家の電気も、昨夜、やっと復旧し、
水も使えるようになり安堵しています。


余震や計画停電(←あるかも)に備えてください。
  • ファン癸
  • 2018/09/08 3:07 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM