空も嘆き悲しむ死

  • 2019.01.07 Monday
  • 17:01

 三角山放送局の木原くみこさん(67)が、急逝された。1月3日の午後3時だったという。11月初旬から入院していることは知っていたが、気丈な彼女のことだから、また元気に復帰してくれるはずと一縷の望みをかけていた。彼女に頼まれていた三角山放送局の20年史をまとめている最中でもあったし……。でも、現実は非情だ。

 昨年も一緒に花見へ行ったが、メンバーの女子4人(4人の年齢を足すと250歳を超す)の中でも一番若いのが彼女だった。しかも、見かけはほっそりしていて洋服も凄くオシャレだったから、私たちの中では一番女性らしく大人しそうに見えたはずだ。が、どっこい、反骨精神は人一倍で、気骨があって行動力のある素敵な人だった。女で創業者ということでは私とよく似ていて、いわば戦友である。その余りに唐突な死に遭遇して、未だ心が静まらない。お葬儀の後、火葬場まで同行させてもらい、骨まで拾ったというのに…。

 1月5日に行われたお通夜には、500人近くの会葬者が集まり、そのうち200人余りは立ったまま。美しい花々に飾られた祭壇で、彼女はセレブなマダムのように、美しく微笑んでいた。が、その日の夕方は猛烈な吹雪で、空も木原くみこの死を嘆き悲しんでいるように思えたものだ。さようなら、私の戦友。

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM