懐かしき「ゆりや食堂」

  • 2020.01.07 Tuesday
  • 17:53

 裏参道の近くに立ち寄ったので、移転してしまった「ゆりや食堂」の跡がどうなっているのか確かめに行ってみた。するとその場所は更地になっていて、建物の跡形もない。なんだか懐かしくなって、ランチを軽く食べた後にも拘わらず、移転先の「ゆりや食堂」を訪れてみた。住所は前と同じ南1西19で、「青山とうふ店」の真向かいにあり、ビルの1階にあるにも拘わらず、建物の外観は前とそっくり。大衆食堂の鏡みたいな風情なのだ。暖簾を潜り抜けて中に入り、ラーメン500円を頼む。連れ合いの女友達は目ざとく小ラーメン400円を見つけ、やっぱり頼む。さっぱりした出汁のしょうゆ味は変わらず、少し縮れた堅めの麺を味わいながら完食した。

 帰り際、店主に挨拶するためにレンジへ向かうと、すぐそばの壁にこの絵(コンビを組む松本浦さんが書いた)が飾られていた。店主は、あの時は「立ち退きで移転することになるとは考えてみませんでした」と話す。確かに私も記録に残しておきたいと、取材拒否だった彼を説得して、やっと取材許可が出たことが思い出された。あれは3年前の話だっただろうか。その後、この店はテレビでも紹介されていたので、取材が難しかったことは余り知られていないが、私としては数年かかって口説いたことを忘れられない。ともあれ、前の店舗の画が残っていることは希少だ。大正期の木造2建てで、元は銭湯だったそう。今も猛スピードで古い建物が街中から消えているけれど、文と画で残しておいて良かった。また、この新「ゆりや食堂「」が、いかに以前のイメージを壊さないように努力しているかがわかるはず。見比べて貰いたいものだ。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM