甦る欲望

  • 2020.04.01 Wednesday
  • 15:55

 いつも「あれが食べたい、これが食べたい」と小うるさい私が、この間だけはダメだった。いつのまにか骨折と風邪(インフルでもコロナでもない)のダブルで10日ほど寝込み、その後も1か月近く使い物にならなかった時のこと。何しろ、腰の激痛で1ミリ動かすのも大変だった。それでも痛み止めを飲むためには、少し何か食べなければならない。最初のうちは友人や息子にサンドイッチや弁当を買ってきてもらって無理やり食べたが、それも尽きると、自分で作らなければならない。すると、全く何も食べたくないのだ。口に入るのは、せいぜいおかゆとお茶漬け、お餅ぐらいのもの。おかげでたったの10日間で3キロも痩せた。ダイエットでは、3年がかりで2キロしか減らなかったというのに‥‥‥。最高のダイエット法は、食べないことだ。

 そんな折、大阪の兄が大阪名物の昆布や京都のちりめん山椒、シングルモルト(なんとボウモア18年)などを送ってくれた。先日、1か月もアルコールを断っていたので、恐る恐るボウモアをロックで少し飲んでみると、これが実に旨い。ならばツマミをと冷蔵庫を探すと、暮れに貰った「フェカリダエクストラ」(スペイン産白カビのサラミ)の食べかけが見つかった。薄切りにして食べてみると、久しく肉系のものを口にしていないせいか、これまためちゃ旨い。シングルモルト&極ウマサラミのお蔭で、すっかり元気を取り戻した。やっぱり、「あれが食べたい、これが食べたい」と思う間は、仕事にも励めるもの。人間の三大欲望(性欲、食欲、名誉欲)の中で食欲が無くなれば、「生きている価値も無い」と、つくづく思ったものだ。オオゲサだったかな。

  ところで、巣籠りの最中に読んだ石弘之著『感染症の世界史』(角川ソフィア文庫)は、恐怖におののいてしまう本だった。昔のペストや西アフリカのエボラ出血熱など、これまで人類を脅かしてきた感染症について、詳しく書かれているからだ。例えば、新コロナウイルスについては、2003年のSARSや2012年のMERSのウィルスが世代交代を繰り返して生まれた新種であるという。しかも、人類において唯一の天敵が病原性の微生物で、人類の歴史は20万年だが、微生物は40億年を生き抜いてきた強者だと言い切るから怖い。また、書棚から昔読んだカミュの名作『ペスト』も取り出して読んでみたが、数ページで止めた。やっぱり、読書も心身ともに元気な時に読む本とそうでない本に分けた方が良いだろう。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM