喫茶店グラフィティー余話

  • 2020.05.27 Wednesday
  • 11:58

 一昨日、学生風の若い人が、わが社のオフィスに立ち寄り、私の著作『さっぽろ喫茶店グラフィティー』(亜璃西刊行)を買い求めてくれた。私からみたら孫みたいな若い世代に、この本が読み継がれるなんて、嬉しい限り。「世の中、捨てたものじゃない」と、すっかり気を良くしてしまった。

 そもそもこの本が世に出たのは、2006年。今から14年前のこと。かつてタウン情報誌やベストセラーとなった『札幌青春街図』など街の本をいくつも造ってきた私は、1970年代から80年代の喫茶店について少し詳しかった。普段から書籍編集者の井上哲に、「昔はああだった、こうだった」と無駄話をしていると、「もっと聞きたい、知りたい」という。それなら雑誌か新聞で連載しようかなとぼんやり思っていると、朝日新聞夕刊の文化面がリニュアルされることを元タイムスの論説委員で友人の宮内令子さんが教えてくれて、担当の阿部八重子さんを紹介してくれた。それからトントン拍子で連載が決まり、2003年9月からスタート。好評につき単行本化したものの、店の大半は閉店している。同世代ならまだしも、遅れた世代にも支持されるとは思っても居なかった。

 それにしても、対談に出て下さった店舗デザインの第一人者である今映人さんや直木賞作家の藤堂志津子さんは、若かった。もちろん私も街も、今より若かった。2003年2月といえば、JRタワーの7階に札幌シネマフロンティアがオープン。このシネコンは東映、東宝、松竹という大手映画会社が日本で初めて手を取り合って誕生させた画期的なシネコンだった。そのため、道内一と謳われたロードショー館だった日本劇場や東映会館など映画館が次々と閉館。それに伴い、一流会社の多くは駅前ゾーンへ移転し、新しいデパートも誕生したため、大通りや狸小路エリアから商圏が徐々に駅前へ移った。と同時に喫茶店も、街中からどんどん姿を消したものだ。

 そんな街の変遷を思い出しながら、これからもこの余話を機会があれば、書いていこうと思う。

 

コメント
私も持っていましたよ、街図^^)
ページをめくっては、「今日はここに行こう」って、
青春していました(笑)
どんなに時代が流れても、
「カフェ」ではなく「サテン」じゃないと、
落ち着かない私ですけど、何か?
  • ファン癸
  • 2020/05/27 4:53 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM