喫茶店グラフィティー余話

  • 2020.06.30 Tuesday
  • 11:06

 昨年4月から数年ぶりに札幌市内の喫茶店を取材で廻ってみて思ったのは、人口約190万都市札幌の喫茶店に於けるコーヒーのレベルの高さは、大都市東京を別にすると、全国一じゃないかということ。しかもこの業界には若い世代も足を踏み入れていて、まるで求道者のように真剣勝負で味に挑んでいる。その真摯な姿勢に、思わず心打たれたものだ。

 なかでも新鋭三羽烏と呼びたいのが、白石区本郷通7丁目の「Cafe Hino」、同じく白石区で地下鉄東西線南郷通18丁目駅から徒歩5分の「コーヒースタンド28」、そして地下鉄東豊線福住駅から徒歩3分の「クラクションコーヒーロースターズ」である。

 

 真っ赤な外壁が目印の「Cafe Hino」は、ひっきりなしに車が行き交う国道12号と水源地通りの交差点角に立つ小さな喫茶店。店主の平野一政さん(33・当時)は、学生時代に札幌市内のとある喫茶店で飲んだ一杯のコーヒーに感動して、この世界にのめり込んだ。行きつけの喫茶店で修業を重ね、独立したのは26歳の時。そんな平野さんが一滴にまでこだわってネルドリップで淹れるストレートコーヒー600円は、苦みや雑味が一切ない。コーヒーならではという味わいの最後にふわっーと甘みが味蕾に到達し、完璧なまでの旨さである。一杯のコーヒーに賭ける情熱に、頭が下がるというものだ。

 

 次の「コーヒースタンド28」は、名前からして立ち飲みの店と思い込んでいた。ところが訪れてみると、倉庫を改装した店内は意外に広く、天井も高い。窓が天井近くにあるせいか、採光も良く、開放感あふれる空間である。店主の山口江夏さん(39・当時)は、埼玉県出身。大学時代には宮越屋珈琲などに通い、卒業後はコヒー豆を販売する会社へ就職。やがてスペシャルティーコーヒーの魅力に惹かれ、独学で学んだ後、2013年にこの店をオープンした。ドリップコーヒーM410円は、店頭に並ぶ自家焙煎のスペシャルコーヒーから好きな豆を選べる。一番人気はグァテマラだけれど、ほかにエチオピアなど常時10種類は揃う。「最高の一杯をお客様へ」というだけあって、やはり目の前で繊細な技を見せながら淹れてくれる。店名の「28」は、父親が好きだった野球選手・江夏の背番号から命名したというのもイイ話だなあ。

 

 さて、どん尻に控えた「クラクションコーヒーローターズ」は、まさかこんなところにと言いたいほどの住宅街にひっそりと佇む。店主の中谷陽さん(33・当時)は、北見工芸大学を卒業後、東京出建築関係の仕事へ就く。つまり、理系という訳だ。その頃に通っていた喫茶店で飲んだ一杯のエスプレッソからコーヒーの虜となり、退職して都内の自家焙煎店で修業を重ね、札幌へUターンした。この店は、2017年の暮れに開店したばかり。コーヒーはー、すべてスペシャルティーコーヒーの豆を使用。ハンドドリップ、もしくはエアロプレスから選べ、値段は均一でホット500円、アイス600円。ユニークなのは、スイーツに「きんつば」「豆大福」など和菓子を出すこと。それも近所の知る人ぞ知る名店「田島庵」から仕込み、「少し苦みのあるコロンビアには和菓子が意外に合うんですよ」と話す。コーヒーに金つばや大福をセットするセンス、理科系ならではなのだろうか。ともあれ、この3軒のカフェを訪れてみると、旨いコーヒーは後味も良いことがきっとわかるだろう。3軒のどれも、令和の名店だ。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM