喫茶店グラフイティー余話

  • 2020.07.28 Tuesday
  • 14:18

 札幌パルコの裏通りにあった名店「ホールステアーズカフェパレード店」が、今年の1月10日に閉店した。1987年オープンというから33年もの長きに渡って、都市のオアシスであり続けた訳だ。店舗デザイナーの今映人さんによる細長い店内は、深い緑色の石を使った壁で仕切られ、一人でコーヒーが楽しめるカウンター席と仲間とお喋りが出来るボックス席に分かれていた。未だヘビースモーカーだった頃、紫煙をくゆらせながらこの店で、一杯の美味しいコーヒーを心ゆくまで楽しんだもの。

 ちなみに、ここで修業した経験を持つのが、「ミンガスコーヒー」の川手元弘さん(48・推定)、「CAFE  early]の小林久さん(48・推定)、「板東珈琲」の板東修市さん(52・推定)という3人。この3軒ともに、ネルドリップで丁寧に極ウマのコーヒーを淹れて

くれる。店づくりもそれぞれ個性が溢れていて、私は秘かに「地獄の同級生三羽ガラス」と呼んでいるほどだ。

 というのも、人気店だったホールステアーズカフェは、目も回るような忙しさ。余りの過酷さに、「この店で1年以上働くことが出来れば、どこでも通用する」と言われたそうだ。それほどの激務に耐え、コーヒー道を突き進んだ3人は、ほぼ同じ世代。しかも、どの店も甲乙つけがたいほど旨いコーヒーを出してくれる。これほど優れたカフェが、この街に存在することが、私には誇らしい。喫茶店は、都市の顔でもあるからだ。

コメント
和田様、いつも素晴らしい投稿の数々ありがとうございます!
2ヶ月程前に亜璃西社にて「さっぽろ喫茶店グラフィティー」を購入させて頂いた吉田拓洋と申します。
突然の訪問にも関わらず温かく迎えてくださって本当にありがとうございました。
現在は「さっぽろ喫茶店グラフィティー」と「札幌喫茶界昭和史」を手に、掲載されている喫茶店を訪問し、店主の方々から貴重なお話を伺いながら、札幌の珈琲屋さんの変遷の系譜を綴る日々です。
「ホールステアーズパレード店」のお話に思わず胸が熱くなりました。
偶然ではありますが、私はパレード閉店の日の最後の客人です。
パレードに教えてもらったことをいつまでも大切に抱きながら、「さっぽろ喫茶店グラフィティー」と一緒に、札幌の喫茶店と共に生きていきます。
和田様の素晴らしい投稿を、これからも楽しみにしています。
昨今のコロナウィルスの情勢もありますので、大切なお身体、ご自愛下さい。
  • ヨシダ タクミ
  • 2020/07/29 9:11 PM
コメント、ありがとう!
  • wadayumi
  • 2020/07/31 6:36 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM