コロナ後の世界

  • 2020.09.18 Friday
  • 09:06

 現代最高峰の知性6人に緊急インタビューした『コロナ後の世界』(文春新書)を読み終わった。未来を大胆に予測するのだけれど、それぞれに興味深い。例えばトップバッターのジャレド・ダイアモンド氏は現在82歳だが、カリフォルニア大学で地理学教授を務める現役教授であるという。著書『銃・病原菌・鉄』(草思社)で、1998年にピューリッツァ―賞を受賞している。

 そのジャレド教授が日本について書いていることを少し抜粋。

 

/邑減少はアドバンテージになる

 日本の人口が、2050年には1億2600万人から9千万人になると予測されているが、それはむしろ「アドバンテージ(優位性)である」と話す。というのは、外国の資源に依存しているので、人口が減少すれば必要な資源も減るので、「日本にとって悪いことではない」。また、高齢化については世界中全ての若者が、自国の高齢化を負担に感じているが、日本の高齢者は健康なので、世界に目を向ければ、日本人が思っているほど大きな問題ではないという。

 

¬簑蠅蝋睥隹修任呂覆定年退職システム

 アメリカでも30年前までは定年システムがあったが、今ではパイロットの一部を除いて違法。ジャレド教授によると、親友の進化生物科学者は70歳で定年退職させられたが、101歳になる直前に他界するまで26冊の本を出し、その半分が80歳の誕生日を過ぎてから書いたものという。日本の高齢者も素晴らしい人的資源であり、70歳で引退したい人はすれば良いし、未だ働きたい人を定年で無理に引退させるのは悲劇であると言い切っている。

 

女性を家庭から解放しよう

 日本の家庭は、男性は外で働き、女性は家庭を守るという非効率的な労働分担が普通。保育サービスが十分でないため、多くの女性は育児か仕事のどちらかを選択せざるを得ない。が、スウェーデンやノルウェーなど北欧諸国では、国会議員の女性比率のは軒並み40%を超えているという。が、日本の国会議員の女性比率は約10%、世界で165位という。経済的には先進国でも女性に関してはいまだに後進国だが、ひとたび解放されれば、日本は質の高い労働力を難なく手に入れることが出来る。日本の女性は教育レベルが高いのに、その女性が働ける環境を作れていないことが、日本の問題であると指摘する。

 

 そのほかもろもろ問題点を挙げているが、やはり、私はこれからも、結婚しても働きやすい環境が守られない限り、結婚に尻込みする女性は減らないだろうと思う。なにしろ世界各国に女性の首相が登場しているのに、新内閣の日本は20人いる閣僚のうち、女性はたった二人。待機児童もまだまだ多く、結婚して働く女性の負担はなかなか減らない。未曽有の感染症、コロナ禍後、どういう日本になるのか、世界の知性6人のインタビューから未来像が少し見えたような気がする。

コメント
私も、そう思います。
新内閣といっても、どこにも「新しさ」はなく、
オッサン(時々ジイサン)の慣れ合い倶楽部。
「女性が活躍できる社会」と、どのクチが言うのか。
いえ、百歩譲って、それでオンナ・コドモが
イキイキ生活できる社会をつくるために、
額に汗して働いてくれるのなら…文句は言いませんが。

  • ファン癸
  • 2020/09/19 11:08 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM